北隣りのOさん宅は日当たりの良い菜園があり、
その一隅に群れ咲いていたシャクヤクを頂きました。
白いホタルブクロも添えられて

野イバラとスイカズラも蕾をふくらませて・・

寒かったり暑かったり、なかなか安定しないこのごろです。しかし緑の勢いはハンパなく、毎日どこかで咲き始める花々に感嘆!GWの前に満開となった藤は、すっかり花ガラを落とし、青モミジに小さな庭は占領されています。GW の一日、アンジュの庭でビールを飲みたいという酔狂な友人とささやかなビアガーデンを開きましたが、緑に囲まれた至福のひとときとなりました。
欧米のような乾燥した環境ではなく、すぐに虫たちの来襲が始まる季節でもありますから、いささか敬遠していたのですが、ベストなシーズンにはまたビアガーデンをオープンしたいと思いました。

花が咲かないウツギとナスタチューム

5月3日(金)は東京でレッスン。GWの最中でしたのに、3月に催した銀座の展示会以来のレッスンでしたから、皆さん元気に登校?です。「2段ストライプのベスト」という秋・冬ものに全員でとりかかり、編みはじめのややこしいところを集中レッスンしました。50色ほどの小さな毛糸玉と遊ぶ楽しいベストです。それぞれが気に入った配色をかかえて、きっと色遊びにハマルことでしょう。
この日は所用があって1泊しました。翌日、宿泊さきの近くの日比谷辺りを歩いていたら、皇居の参賀に向かう方たちが大勢いて、空にはヘリコプターが旋回。見上げるとマロニエが濃いピンクの花をつけ、その三角錐のような特徴のある姿に見とれました。泰明(たいめい)小学校の前にはヒトツバタコ(なんじゃもんじゃ)の樹が白い可憐な花を咲かせて満開。良い季節の銀座界隈を歩くことができました。

アプローチで咲いたモッコウバラ

月に1回東広島からレッスンにFさんのお庭の朝摘みバラたち
とってもゴージャス!

初夏のガーデン

初雪カズラの葉陰で
遊ぶ妖精たち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アプローチには野イバラがモッコウバラに代わって咲き乱れ、レモン(この樹は一昨年の京都文化博物館での展示会で皆さんから贈られたもの)も花もいっぱい。今年も幾つか収穫?花弁の裏側は紫って素敵!玄関わきの「オガタマ」はあまーいスイーテイーな香りで訪れた方々を驚かせています。もう古木になりましたけれど、植えたころにはだいぶ離れたところでも、その香りが漂っていたほどです。
初夏の陽ざしと吹き渡る風に緑が揺れて、やっぱり大好きな季節。今日は「葵祭り」、そのあとは「祇園祭り」ともう夏が手の届きそうなところへ来ています。これから少しいそがしい日々となります。またしばらくお便りできませんが、どうぞお元気でお過ごしください。

2019・5・15  asako

甘い香りのオガタマ

レモンの花   右手に小さな白バラが。。

母の日のプレゼントブーケには
クレマチス・シャクヤク・トラノヲ・オオデマリなど